FC2ブログ

完成後・・・❤

その他
06 /26 2019
先日パトロールで南部町方面に行ったときに『道の駅 なんぶ』に寄りました。

DSC_0071.jpg


ここのトイレは弊社が施工した場所になります。

南部町に行く機会が無かったため完成後初めて中を見ました

最近はどこの道の駅もトイレの設備が整っていますが
ここなんぶのトイレは綺麗且つ木の香りが広がっており
入った瞬間『おーー』っとなりました‼
自分が直接現場に入って施工をしてはいませんが、
トイレに入るときのわくわく感・感動・感じる思いなど建設業で働いていなければ
感じることの出来ない思いだと思いました。

みなさんぜひ南部方面に行った際には寄ってみてください

なんぶトイレ

新年度初‼

安全衛生パトロール
06 /17 2019
7日に梅雨入りが発表されましたね!
水不足、水害等がないと良いのですが・・・。

さてさて、先日の記事の最後にちょこっと書きました安パトです!
更新が少し遅くなってしまいました すみません。
女性パトロール隊に新入社員2名を加えの初めてのパトロールとなりました。

今回は計6現場のパトロールになりました!
何回か行っている現場に対しては、前回の改善項目を中心に行いました。
ある現場では前回トイレ横に手洗い場がなかったのですが、行ってみるとありました!
指摘したことに対して改善がされていると嬉しい気持ちになります。
毎日現場で働いていると、意外と気がつかない危険や衛生面があると思います。
そこを私達i-bondsがパトロールに出て「これは危険、衛生上良くない」と伝え、
「気がつかなかった!確かに危ない、良くない」と気がついてもらえたら嬉しいです。
少しづつ定着し『手洗い場がない。』『トイレが臭う。』などの指摘がなくなり
生活感のある環境作りが出来ていければと思っています。


また、新入社員2名にとっては初めて現場を見て
パトロールしたということだけでなく様々な感想を持ったと思います。
私が初めてパトロールをしたときは、パトロールしてきた~
という感触は正直ありませんでした。
それよりも違う思いの方がたくさんだったな~ということを懐かしく思いました。
考え方やとらえ方はひとそれぞれです。
正解なんてないからこそたくさん発想して感じて自分の力へと繋げて欲しいと思います。
これから私含め、色々な現場を見ることになると思うで、たくさんの事を学んで、取り入れてほしい、取り入れていきたいです。

ここからはパトロール状況です!

CIMG6819.jpg

CIMG6788.jpg

CIMG6755.jpg

CIMG6699.jpg

CIMG6685.jpg

進路、就職先を悩んでいるみなさんへ。

つぶやき
06 /11 2019
私個人の考えをつらつら書いていきたいと思います。


「将来の夢は何ですか?」

小さいころはそれこそ・・・
野球選手、パイロット、医師、ケーキ屋さん、幼稚園・保育園の先生、お花屋さんなどなど・・・。
あれもやってみたい!これが好きだからなりたい!と将来の夢ってよく変わりましたよね(笑)

それが小学生、中学生、高校生、大学生・・・となっていくと「将来の夢」って聞かれても「わからない」。
「何がしたい?」って聞かれてもわからない。学生でいたい。働くなら楽な所がいい。
大半の方がこのような考えだと思います。
もちろん小さいころからの夢を追い続ける方もいます。


そして就職しないといけないからとりあえずガイダンスに行って、その中から決めよう。

履歴書を作成し、面接等をし内定。
そして入社。

働いてみて「辛い」「思ってたのと違った」
自分の思い描いていた「社会」とのギャップなどに驚き、辛いことばかり・・・。

そして友人と会って「自分が働いている会社は○○で嫌だ」「自分の所は□□なんだよ・・・まじ辛いよ」
そんな会話にきっとなりますよね?
そうなんです。
どの会社に勤めても辛いことは必ず1つはあります。
1つ、それ以上あったからって「ブラック企業」だと決めつけるのは良くないと思います。
そんな事いったらどこも真っ黒です(笑) (もちろんパワハラ、セクハラ等は別ですよ!)
その辛い事を頑張っているから、会社から「給料」を貰えるのではないでしょうか?
そんな風に考えても良いのかなと思います。


さて、つらつらと書いていきましたがここからは建設業について書いていきたいと思います。
ガイダンスで飯塚工業のブースに来てくださった方ならわかると思いますが、建設業の3Kって知っていますか?
・危険
・きつい
・汚い
そんなイメージ、皆さんにはありますよね?
他にも現場にいる人は怖い・・・とか。
私も飯塚工業で働く前はそうでした。
強面のおっちゃんが働いている・・・そんなイメージ(笑)

けど違うんです!
「危険」は確かに危険です。危険と隣り合わせ。
けど、ちゃんと安全帯や周囲との連携がとれていれば防げることです。
測量の仕方だって機械任せで安全です。

「きつい」たしかに体力もいるし、朝も早いしきついかもしれません。
ですが、人間慣れます。
でもきついと言っても穴を掘るとなるとバックホウで掘ります。人力なんて細かくて重機では掘ることができない所だけですよね?
何より重機に乗れちゃうんですよ?!
かっこよくないですか?!
「俺(私)重機に乗れちゃうんだ!」「すげー!」てなります(笑)

「汚い」雨が降った後や地下水があったときは泥だらけになるかもしれません。
でも汚れてなんぼの作業着。逆に作業着なんて汚れてた方がかっこいいじゃないですか!

あと強面のおっちゃん・・・これは確かに強面のおっちゃんいるかもしれません(笑)
でも笑った時の顔がかわいいとか、めちゃくちゃ優しいじゃん!
ってギャップを感じます。
人間、中身です。


ここまで書いてきて、「ふーんそうなんだ」と思ってくれたり、建設業のイメージが少しでも変わってくれたら嬉しいです。
そして最後に。
建設業の「やりがい」について。
現場が完成したときの達成感と感動です。
私は土木より建築側の仕事をしているのですが、まだ入社したての頃、
図面上で見た一戸建て住宅を目の当たりにした時はすごく感動した事を今でも覚えています。
これが現場で一から自分の手で家を建てた、道路を作った時の達成感は計り知れないと思います。
そしてすごく感動するし、自慢にもなる・・・。
もっと言うと、自分が携わった道路がGoog〇eマップに載っちゃうんです!
ストリート〇ューで建てた家が載っちゃうんです!
凄くないですか?!

「自分が携わった仕事がずっと残る」事に興味がある方は是非、建設業も視野に入れて就職活動、進路を考えてほしいです。
でも「土木、建築なんて全くわからない・・・」という方もいますよね。
大丈夫です!
土木、建築とは違う学科でもやる気さえあれば何の問題もないです!
知らないからこそ「この部材にはこういった役割があるんだ!」といった感動は多いです!

長々と書きましたが建設業、悪い事ばかりじゃない。
良い事あるんです!
まとまりがなく、読みにくくてすみません・・・。

手を繫ぐ

つぶやき
05 /30 2019
 5月30日

 僕です!!

 小さな頃。
 みんな、手を繫いでいたはず!
 登園、お散歩、お遊戯、運動会、学園祭、部活、etc・・・・・。

 大人になると、手を繫がなくなる。
 言葉、理論、経験、環境、地位、などなどが、繫ぐ必要を掻き消してしまうのかな??
 確かに、大人が手を繫ぐ行為は出来ないし、恥ずかしく、現実としてはあり得ないかな。。

 無邪気に手を繫いでいた頃
 恥ずかしくても繫いだ頃
 状況により手を繫いだ時。

 必ず、何かを感じた。
 
 温かい
 冷たい
 汗ばんでる
 乾燥してる (笑)
 震えている
 大きい手
 小さな手
 力が強い
 力が弱い
 繫ぎたくないのかな?
 めっちゃ、繫いでくるじゃん (汗)
 
 わかりやすかった!
 表情、態度と、違う事もあった。
 けど、
 何かを感じた。

 手が冷たい。
 冷え症??
 緊張?
 ストレス?
 色んな事、想える。

 表情から
 冷え症?
 緊張?
 ストレス?
 良くわからない。

 めっちゃ、強く繫ぐじゃん。
 好き?
 嫌い?
 気合十分? 
 気持ちの高揚は感じられる。

 表情から、、、
 良くわからない。違うかも。
 あえて、逆かも。。

 大人となった今、
 社会で、手を繫ぐ行為は難しい。
 でも、繫いでいる、繋がっていると思えば、伝わる、感じることが出来る。
 真の感情、緊急的な感情になればなるほど、感じれるはず!!

 手を繫ごう!
 心に触れよう!!
 


  
  

 

女性ヘルメットの秘密

i- bonds
05 /28 2019
先日外部の方との会話の中で「女性用ヘルメットって何が違うの?」という話題になりました。
そこで今日は、普通のヘルメットと女性用ヘルメットの違いを御紹介したいと思います!

①フィット感!
ごく一般的なヘルメットだと、ぶかぶかして頭を守られていないような感じがするのですが、女性用だとしっかりフィット!
ヘルメット1
左が女性用ヘルメットです。

②後ろが違う!
一番の特徴はこれだと思います。
どこか違うか一目でわかりますよね!😊
ヘルメット

女性で髪が長い人は結んでヘルメットをかぶると思うのですが、一般的なヘルメットだと出せない・・・。
出せても綺麗に出せなくて気持ち悪い・・・。
でも、女性用だとちゃんと出せるようになっているのです!
ヘルメット4
写真でもわかるへこんでいる所!
ここから髪の毛が出せるのです!
この髪の毛が出せる出せないでフィット感も違い、初めて女性用ヘルメットをかぶった時感動しました!!

私達はこのヘルメットをかぶってパトロールに行っています。
色もピンクなので、現場にいる方達からも「かわいいね」「女性がいるってすぐわかる」というお言葉もいただきました。
現場は危険と隣り合わせで、普段現場にいない女性が来た場合、どこにいるかもすぐにわかるので、監督さんからしてもわかりやすい目印になっているのかな?と思います。

今週はi-bondsが出動中です。
その様子も近々ブログにアップしたいと思います!

株式会社 飯塚工業

株式会社飯塚工業のブログです。土木・建築を中心とした総合建設業として山梨県内外で事業展開をしております。